ホットプレート

ホットプレート

ホットプレート

このページは「トイレヒーターで防ぐヒートショック 」の情報コンテンツです。
ホットプレート > トイレヒーターで防ぐヒートショック

豆知識

トイレヒーターで防ぐヒートショック

最近の家庭では、エアコンやヒーターなどの暖房器具で、リビングなど普段の生活空間は暖かいことが多いです。そのため、トイレや浴室など温度の低いところに移動すると、ヒートショックを起こす危険があります。

ヒートショックとは

もともと建設業界や暖房メーカーで使われていた言葉でしたが、現在は一般的にも使われています。急激な温度変化で血圧が急激に上昇して、脳梗塞や心筋梗塞を起こします。年間に1万人以上がヒートショックによりなくなっているとも言われています。冬場のトイレや浴室のように気温の低いところで、おきやすい現象です

ヒートショックに注意が必要な方

もっとも注意しなければいけないのが、65歳以上の高齢者です。暖房のきいた場所から、トイレや浴室など寒いところに移動すると、血管が収縮します。収縮すると血液の循環が悪くなりますから、末端まで血液を巡らそうと血圧が急激に上昇します。若くて健康な人なら、この急激な変化にも体が対応できますが、65歳以上の高齢になると、血管にもいろいろと問題があることが多いですから、ヒートショックにより脳出血や脳梗塞、心筋梗塞を起こしてしまい、命を失いかねないのです。その他、血圧が高い方、動脈硬化など血管に問題を抱えている方は、たとえ若くても、ヒートショックを起こしやすいと言えます。

お酒を飲んだときは注意が必要

お酒を飲んだときも注意してください。お酒を飲むと血圧は下がります。その状態で急に寒いところに行くと、急激に血圧が上がってしまいます。通常よりも血圧の変動幅が大きくなりますので、飲酒時は特に注意が必要なのです。

温度差をなくそう

ヒートショックの原因は急激な温度差です。多くは冬の寒い時期に暖房のきいた部屋から、寒い場所に移動することで引き起こされます。家の中で寒いところは、トイレ、脱衣所、浴室です。これらの場所を温めておけば、危険はぐっと減ります。トイレや脱衣所にはヒーターがいいでしょう。24時間、温度を一定に保つものもありますし、センサーで自動的に人がいれば、暖房のスイッチが入るものもあります。このような暖房機器で温度差をなくします。浴室は、入る前に湯船の蓋をとって蒸気で温めたり、シャワーで浴室全体を温めると効果的です。

ホットプレート 激安通販